読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほげほげ(仮)

仮死状態

アノテーションの利用(1)

Java

アノテーションを利用する方法について数回に分けてまとめていこう


J2SE 5ではアノテーションにアクセスするには「apt」という「ミラーAPI」を使用していたが、

JavaSE 6から「Pluggable Annotation Processing API」というのが策定され

aptの代わりにアノテーションを処理できるようになった


○apt・・・Annotation Processing Toolの略で注釈処理を行うコマンドツール

○ミラーAPI・・・コンパイル時にプログラムの構造にアクセスするための非標準API。リフレクションの反対的な意味(?)

○Pluggable Annotation Processing API・・・アノテーション処理に関する機能の標準API


正直、オレはイマイチ分かってない


とりあえず、J2SE 5ではアノテーションの処理にaptというツールを使っていたが、

JavaSE 6からはPluggable Annotation Processing APIというものでアノテーションを処理するということっぽい


おそらく標準APIのほうを使っていけばいいと思うから、

Pluggable Annotation Processing APIについてまとめていこうと思う