読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほげほげ(仮)

仮死状態

VMware Server2にCentOSをインストール

Linux コンピューター関連

なんとなくVMwareCentOSをインストールしてみようと思い、やってみました。


ホストOSはWindowsXPです。

VMware Serverのダウンロード

http://www.vmware.com/jp/ からVMware Serverをダウンロードします。

登録が必要なのが手間ですが、登録してからダウンロードします。


ダウンロードには結構な時間がかかりました。

CentOSのDVDイメージをダウンロード

http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5.5/isos/i386/ からダウンロードします。

CentOS-5.5-i386-bin-DVD.iso」ってとこをクリックしてダウンロードしてください。


これもダウンロードには時間がかかりました。



VMware Serverのインストール

さきほどダウンロードしたexeを実行します。

基本はデフォルトのままでOKです。

最後の方に次のような画面がでますので、ライセンスキーを入力します。
f:id:STAR_ZERO:20100731230624p:image

ライセンスキーはダウンロードページに書いてあります。
f:id:STAR_ZERO:20100731231058p:image


最後に再起動すれば完了になります。


で、VMwareをインストール後はようこそ画面が使えなくなってしまいます。

ようこそ画面が使いたい人はレジストリをいじれば戻せるようです。

詳しくは→ http://trialpc.net/triple/2008/11/vmginadll.php



VMware Serverの設定

ショートカット等からVMware Server Home Pageを起動します。そうするとブラウザが開くと思います。

ここで設定していきます。後からでも変更可能なので、とりあえずでやっても問題ないかもです。

まずはログイン画面で、Windowsのユーザー・パスワードを入力します。
f:id:STAR_ZERO:20100731231859p:image


Virtual MachinesタブからCreate Virtual Machineをクリックします。
f:id:STAR_ZERO:20100731232232p:image


名前を入力します。今回は「CentOS5.5」としています。
f:id:STAR_ZERO:20100731232512p:image


OSの種類を選択します。「Linux operating system」でVersionを「Other 2.6x Linux(32-bit)」を選択します。
f:id:STAR_ZERO:20100731232809p:image


メモリ容量とプロセッサー数を入力します。メモリは一応512MBにしました。256MBでもたぶん大丈夫です。
f:id:STAR_ZERO:20100731233018p:image


そのままNextで。
f:id:STAR_ZERO:20100731233329p:image


ディスク容量を入力します。Locationはデフォルトままで大丈夫です。
f:id:STAR_ZERO:20100731233330p:image


そのままNextで。
f:id:STAR_ZERO:20100731233331p:image


そのままNextで。
f:id:STAR_ZERO:20100731233912p:image


そのままNextで。
f:id:STAR_ZERO:20100731234528p:image


そのままNextで。
f:id:STAR_ZERO:20100731234529p:image


そのままNextで。
f:id:STAR_ZERO:20100731234812p:image


フロッピードライブですが、自分のマシンはないので、「Don't Add a Floppy Drive」を選択しました。
別にフロッピーは使うことはないと思うので、「Don't Add a Floppy Drive」でいいと思います。
f:id:STAR_ZERO:20100731234813p:image


そのままNextで。
f:id:STAR_ZERO:20100731234814p:image


最後に設定内容が表示されるので、問題なければFinishをクリックしてください。
f:id:STAR_ZERO:20100731234815p:image



Remote Console Plug-in のインストール

ここからIEで作業してください。


先ほど作ったVMからConsoleタブを選択すると次のような画面がでるので、Install plug-in の箇所をクリックしてください。
f:id:STAR_ZERO:20100801000001p:image


インストーラーがダウンロード出来るのでそれを実行してインストールしてください。
インストールはすぐに終わります。



CentOSのインストール

ダウンロードしたCentOSのイメージファイルを「C:\Virtual Machines\CentOS5.5」に移動します。


IEのコンソール画面からCD/DVD Driveの編集をします。
f:id:STAR_ZERO:20100801002312p:image


ISO Imageを選択し、Browseをクリックして先ほど移動したイメージファイルを選択してOKを押します。
f:id:STAR_ZERO:20100801000003p:image


VMwareを起動して、Consoleタブから「Open the console in a new window」の箇所をクリックします。
f:id:STAR_ZERO:20100801001108p:image


Remote Cosoleが立ち上がるので、あとは普通にインストールしてください。
f:id:STAR_ZERO:20100801001109p:image



インストール後・・・

インストール後は普通に使えるかと思ったら、ネットワークとかで色々とハマってしまいました。

最初はネットワークコネクションはBridgedだったのがNATに変えたり、固定IPじゃなくてDHCPになったりで・・・

それでも、テスト用の環境としては十分だと思うので、ちょっとづつ使っていこうと思います。



ふぅ・・・疲れた・・・

追記

ネットワークとかでうまくいかない場合はVMware Toolsをインストールするといいかもしれません。

あとウィンドウサイズも変更できるので便利になると思うので、オススメです。

分からないなりにインストール方法を書いてみました。→VMware Tools をインストールする