読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほげほげ(仮)

仮死状態

CentOS5.5にPython2.6をインストールする

Linux Python


CentOSには元々Python2.4が入っていて、yumを使ってもコレ以上のバージョンになりません。
あと、既存でインストールしてるやつは上書きしちゃダメみたいです。
ですので、自分で新しく入れてみます。


LinuxPythonも素人なので、かなり手こずりました。


まずはPythonをダウンロード・インストールします。

#wget http://www.python.org/ftp/python/2.6.2/Python-2.6.2.tgz
#tar zxvf Python-2.6.2.tgz
#cd Python-2.6.2
#./configure --prefix=/usr/local/python --enable-shared
#make
#make install


./configureではprefixでインストール先を指定しています。
enable-sharedは正直、意味は分かってないですけど、付けておいたほうがいいみたいです。


libpython2.6.so.1.0を/usr/libにコピーします。これがないとPythonが動かないみたいです。

cp libpython2.6.so.1.0 /usr/lib/


パスを通します。

#vi ~/.bash_profile

で開き

PATH=/usr/local/python/bin:$PATH

を追加します。


設定を反映させます。

#source ~/.bash_profile


正しくパスが通っているか確認します。

#python -V
Python 2.6.2

上のようになればOKです。


これだけなんですが、オレは色々と失敗したためかなりの時間を要しました(´Д`;)

一番痛かったのパスの設定を失敗したこと。lsとかviとかが一切使えなくなってしまった\(^o^)/


まだまだ勉強不足ですね。でもLinux弄るのは楽しいヽ(・∀・ )ノ