読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほげほげ(仮)

仮死状態

音声入力を試してみる

Android


Androidでの音声入力を試してみました。

Recognizer Intent APIを使えば簡単に実装できます。

画面レイアウト

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:orientation="vertical"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent">
    <Button
        android:text="音声入力"
        android:id="@+id/btn_speech"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"/>
</LinearLayout>

ボタンだけを配置した画面にしました。

ソースコード

import java.util.ArrayList;

import android.app.Activity;
import android.content.ActivityNotFoundException;
import android.content.Intent;
import android.os.Bundle;
import android.speech.RecognizerIntent;
import android.view.View;
import android.widget.Button;
import android.widget.Toast;

public class MainActivity extends Activity {

    private static final int REQUEST = 0;

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.main);

        Button button = (Button) findViewById(R.id.btn_speech);

        button.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
            @Override
            public void onClick(View v) {
                try {
                    // Intent生成
                    Intent intent = new Intent(
                            RecognizerIntent.ACTION_RECOGNIZE_SPEECH);
                    intent.putExtra(RecognizerIntent.EXTRA_LANGUAGE_MODEL,
                            RecognizerIntent.LANGUAGE_MODEL_FREE_FORM);
                    intent.putExtra(RecognizerIntent.EXTRA_PROMPT,
                            "サンプル音声入力");  // ダイアログに表示される文字列
                    startActivityForResult(intent, REQUEST);  // Intent発行
                } catch (ActivityNotFoundException e) {
                    // 音声入力に対応していない場合
                    Toast.makeText(MainActivity.this, "音声入力に対応していません。",
                            Toast.LENGTH_SHORT).show();
                }
            }
        });
    }

    @Override
    protected void onActivityResult(int requestCode, int resultCode, Intent data) {
        if (requestCode == REQUEST && resultCode == RESULT_OK) {
            // 結果を受け取る
            ArrayList<String> results =
                data.getStringArrayListExtra(RecognizerIntent.EXTRA_RESULTS);
            
            // 結果を結合
            StringBuffer buffer = new StringBuffer();
            for (int i = 0; i < results.size(); i++) {
                buffer.append(results.get(i));
            }
            // 結果を表示
            Toast.makeText(this, buffer.toString(),
                    Toast.LENGTH_LONG).show();
        }
        super.onActivityResult(requestCode, resultCode, data);
    }
    
}

ボタン押下時にRecognizerIntent.ACTION_RECOGNIZE_SPEECHのIntentを生成して、それを表示します。
Intent生成時はtry〜catchで囲み音声入力に対応していない場合を考慮してます。
onActivityResultで音声入力された結果を取得して表示します。
結果を受け取るときはArrayListになっているので、すべてを文字列結合しています。

実行してみる

実行してボタンを押すと音声入力を促す画面が表示されます。
f:id:STAR_ZERO:20101115012255p:image


マイクに向かって話すと、処理中の画面がでます。
f:id:STAR_ZERO:20101115012458p:image


その後に認識された内容が表示されます。
f:id:STAR_ZERO:20101115012754p:image


思ったよりかなり簡単に実装できました。
Intent生成時にputExtraで多少の動作設定ができそうです。
詳しいことは下のURLを参考にしてみてください。

参考:Recognizer Intent API