ほげほげ(仮)

仮死状態

CoffeeScriptの環境を作ってみた

最近、何かと耳にするCoffeeScriptの環境を自分も作ってみました。

前提環境

MacOS X Lion
node.js インストール済み

CoffeeScriptのインストール

ターミナルから次のコマンド一発でインストールできます

$ npm install -g coffee-script

Vimプラグインインストール

https://github.com/kchmck/vim-coffee-script:title=をインストールします。

これは人によって環境が違うと思うので、それぞれ入れてください。
ちなみに自分はVundleでプラグイン管理してます。

Guard::CoffeeScriptのインストール

Guardはファイルの変更を監視ツールで、これを使ってCoffeeScriptを保存した時に自動でJavaScriptに変換するようにします。


次のコマンドでインストールします。
Rubyが必要ですが、Macなら入ってるはず(?)

$ gem install guard-coffeescript
$ gem install rb-fsevent


更にGrowlに通知をするようにします。
ここはお好みで。

$ gem install growl

Growlに通知をするには更に GrowlNotify も必要なのでコレもインストールします。
http://growl.info/downloads:title=

プロジェクトディレクトリ作成

サンプルとして次のような構成にします。

project/
    |-- coffee/
    |-- js/
    |--Guardfile


Guardfileを次のように編集してファイルの変更があった時の処理内容を記述します。

guard 'coffeescript', :input => 'coffee', :output => 'js'

この場合はcoffeeディレクトリの中が編集されると、jsディレクトリにコンパイルされたものが出力されます。

guardを実行

Guardを実行してファイルの監視を開始します。

$ guard

なんか警告でちゃいますが気にせず。。。

CoffeeScriptを書いてく

ここまで来ればあとはcoffeeディレクトリ内にhoge.coffeeなんてのを作って、CoffeeScriptを書いていくだけです。
保存するたびにコンパイルが走って、自動でJavaScriptが出来ます。


おまけ

CoffeeScriptをどういう風に書くかは下のところが分かりやすかったです。
http://dotinstall.com/lessons/basic_coffeescript:title=





今のところ自分はCoffeeScriptを書く予定は無いですが、次にJavaScriptを書くときはCoffeeScriptで書こうと思っております。