読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほげほげ(仮)

仮死状態

UnityのiOSビルド時にローカライズファイルを設定する

Xcode Unity

前回の続きです。

前回のやつのAssets/Editor/PostprocessBuildPlayerに追加します。(関係ある箇所だけ抜粋してます。)

UnityのiOSビルド時にローカライズファイルを設定する

Unity側ではローカライズファイルをAssets/Localizeに配置します。一旦Xcodeで作ったのをコピーしたほうが良いと思います。

この例だと下のようなディレクトリ構成になります。

Assets/Localize
├── Base.lproj
│   └── Localizable.strings
└── ja.lproj
    └── Localizable.strings

スクリプト側でadd_localize_fileメソッドにローカライズのファイル名と各言語環境を指定します。ちょっと引数がややこしいんですが…

Xcode側をいじらなくて済むようにするとPostprocessBuildPlayerがどんどん膨れ上がってきますね…