読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほげほげ(仮)

仮死状態

iTerm2をAppleScriptで操作する

Mac

AppleScriptはよく分からんですが、iTerm2のWikiでこんなのを見つけたので試してみました。

AppleScript - iterm2 - Development site for iTerm2 - Google Project Hosting

AppleScriptとは

AppleScript - Wikipedia を見てください。

正直、使いこむつもりないので適当です。

構文とかは life log: AppleScript 最速基本文法マスター を参考にしました。

コードを書いて実行する

AppleScript エディタ

AppleScript エディタ でコードを書いて実行します。

display dialog "Hello World"

とか書いて、ツールバーのとこの実行ボタン押してダイアログでればOKだと思います。

シェルから実行する

$ osascript -e "display dialog \"Hello World\""
  • ファイルから実行
$ osascript <AppleScriptファイル>
#!/usr/bin/osascript

display dialog "Hello World"

iTermを操作してみる

AppleScript - iterm2 - Development site for iTerm2 - Google Project Hosting にサンプルが色々あるので試してみると良いと思います。

何個か適当に紹介します。

iTerm2を起動する

iTerm2が起動してなければこれを実行するとiTerm2が起動します。

tell application "iTerm"
    activate
end tell

Finderで開いてるフォルダに cd で移動する

tell application "Finder"
    set _dir to POSIX path of ((folder of (front window)) as alias)
end tell

tell application "iTerm"
    activate
    
    set _current_session to current session of current terminal
    
    tell _current_session
        write text "cd \"" & _dir & "\""
    end tell
end tell

このスクリプトをFinderのツールバーに置いていつでも実行できるようにします。

AppleScript エディタからファイル->保存スクリプトを保存します。この時にファイルフォーマットアプリケーションにします。保存したファイルをFinderから選択して⌘キーを押しながらFinderのツールバードラッグアンドドロップしてツールバーに登録します。

こうしておけばFinderのツールバーから簡単に cd で移動できます。

f:id:STAR_ZERO:20140329121317g:plain

背景画像を変更する

iTerm2は背景画像を設定できるのですが、それもAppleScriptから変更できます。

tell application "iTerm"
    set _current_session to current session of current terminal
    tell _current_session
        set background image path to "<画像パス>"
    end tell
end tell

ぼくは試してないですけど、ssh接続時に背景画像を変更するような使い方もできます。

How to show SSH host name on the iTerm’s background | Dmytro Shteflyuk's Home

まとめ

iTerm2をAppleScriptから操作するとそれなりに便利なことが出来ると思います。