読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほげほげ(仮)

仮死状態

AppExtensionを含むアプリのTestFlightアップロードスクリプト

iOS Xcode

基本的には以前書いた記事と同様です。 AdHoc用ビルド設定とTestFlightアップロードスクリプト - ほげほげ(仮)

ですが、AppExtensionを含む場合はProvisioningProfileまわりが少し異なってますので、それのメモです。

ProvisioningProfile

AppExtension含むアプリは本体アプリとAppExtension側でProvisioningProfileが異なります。

ぼくはいつもスクリプトでProvisioningProfile指定していたのですが、別々に指定する方法がわからなかったので、これはXcode側で設定するようにします。

事前にAdHoc用のProvisioningProfileは作っておいてXcodeへ反映しておいてください。

本体アプリのターゲットとAppExtensionのターゲットの設定でBuild SettingsCode SiginingProvisioning Profileを設定します。

それぞれのターゲットに該当するProvisioningProfileを選びます。下記のような感じで本体アプリとAppExtensionそれぞれ設定します。

f:id:STAR_ZERO:20141127151102p:plain

ぼくはいつもTestFlight用のAdHocというConfigurationsを作ってるので、そちらに設定しています。

アップロードスクリプト

今回はProvisioningProfileの指定をXcode側でやったのでそれを削除します。

実行

あとはこのスクリプト実行すればTestFlightへアップロードされるはずです。