読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほげほげ(仮)

仮死状態

MESHを使って鍵の閉め忘れをなんとかする

MESHとは

MESH:遊び心を形にできる、アプリとつなげるブロック形状の電子タグ|ソニー

さまざまな機能を持ったブロック形状の "MESHタグ" を "MESHアプリ" でつなげることにより、 あなたの「あったらいいな」を実現できる それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。 IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも 簡単に実現します。

とのことです。

去年くらいからあったっぽいのですが、ぼくは全然知らなくて、この前ソニーストア行った時に見て興味が湧いて実際に買ってみました。

iOSアプリを使って、アイコンを繋いでいくだけで様々なことが出来ます。

すごく簡単なので、子供がいらっしゃる方は子供と一緒にやる良いかもしれません。夏休みも残り少ないけど自由研究的なものに。

いろんな人がレシピを公開してるので、これを見るとどんなことが出来るのかイメージしやすいかもしれません。 MESHレシピ

MESHアプリ

iOSアプリで下のような感じでアイコンをつなぐだけで色々できます。下の例だと、動きタグが何か検知したらiPhoneの音が鳴ります。

f:id:STAR_ZERO:20160819141005p:plain:w200

詳しくは下のリンクを参考にしてください

MESHアプリ Creative DIY Toolkit|ソニー

鍵の閉め忘れをなんとかしたい

ぼくは鍵を閉めたのかが不安になることが多くて、一度家に戻るとかもよくやります。

今回はMESHの検証ついでにこの課題をなんとかしたいと思います。

鍵の開け閉めを検知する

MESH-100AC 動き(Move)タグ - 動きがきっかけになる新しい感覚 ワイヤレス加速度センサー | ソニー

今回は動きタグのみを使って、鍵の開閉を検知する仕組みを作ります。

これ想像以上に優秀で、振られたら、ひっくり返したら、振動したら、向きが変わったら、を検知できます。

今回はこの向きが変わったらをトリガーにします。

ドアの鍵にこんな感じにくっつけます。見た目がかなり残念な感じですが…

  • 開けた状態

f:id:STAR_ZERO:20160819135325j:plain:w200

  • 閉めた状態

f:id:STAR_ZERO:20160819135333j:plain:w200

鍵が閉められたのを検知

動きタグが表向きに変更されたら、鍵を閉めたと判断します。

キャンバスに動きタグを配置して、タップすると詳細が見れるので、そこで「向きが変わったら」の「表」を選択します。

f:id:STAR_ZERO:20160819141651p:plain:w200

鍵が開けられたのを検知

これも同じような感じで設定します。

「向きが変わったら」の「上」を選択します。

f:id:STAR_ZERO:20160819141905p:plain:w200

これで鍵の開け閉めは検知できるようになりました。

通知する

次は通知です。おそらく現状でMESHの状態(動きタグの例だと今は表を向いてるとか)が簡単に取れないと思うので、通知でログを残す方法で状態を確認できるようにします。

MESHでは、スピーカー鳴らしたり、iPhoneに通知をだしたりできますが、これではログとしてはあとから確認するには不十分です。

MESHは実はIFTTTと連携することができます。これを使ってSlackに投稿させればログとして残るし後から確認できます。

IFTTT設定

ここは省略します。詳しくは公式サイトの手順を参考にしてください。

IFTTT連携の初期設定方法を教えてください – MESHサポート | 遊び心を形にできる、アプリとつなげるブロック形状の電子タグ

IFTTT連携でレシピの作り方を教えてください – MESHサポート | 遊び心を形にできる、アプリとつなげるブロック形状の電子タグ

ぼくはSlack側の設定は下のような感じにしました。

f:id:STAR_ZERO:20160819143056p:plain:w200

Messageのところを{{Text}}にしておくと、MESHアプリからテキスト設定できます。

アプリ設定

アプリの右下にある連携タグからIFTTTを選択して、キャンバスへ配置します。

IFTTTの設定を下のようにイベントIDとテキストを設定します。

f:id:STAR_ZERO:20160819143304p:plain:w200

同じように開けられた時のIFTTTもキャンバスへ配置しておきます。

それを動きタグと繋ぎます。

最終的にキャンバスは次のようになります。上が鍵を閉めた時、下が鍵を開けた時になります。

f:id:STAR_ZERO:20160819143652p:plain:w200

確認

鍵の開け閉めをするとSlackに次のように通知されます。

f:id:STAR_ZERO:20160819144300p:plain:w200

これで、鍵の状態が確認できるようになりました。

完成

コーディングなしで簡単にここまで出来ました。工夫次第ではもっと色々できると思います。

MESHがくっつけられればだいたいの鍵に対応できると思います。オフィスとかで最終退出時間を自動で残すとかにも使えるかも。

まとめ

MESHは他にも色々な使い方が出来ると思うので、時間あるときにまた試そうと思います。またSDKもあるっぽいのでそれも見てみたいと思います。

MESHは単品でも買えるので、お試しで一つだけっていう感じで気軽に試せます(それなり値段はしますが…

暇な人はこれで遊んでみると良いと思います。

MESH Moveタグ

MESH Moveタグ

ワイヤレスファンクショナルタグ Button

ワイヤレスファンクショナルタグ Button

MESH Bundle 7

MESH Bundle 7